ずっと気になってる。。。クレーター肌の原因と解消法【その1】

昔のニキビ跡の肌がでこぼこしたクレーター肌が気になる方多いですね。

子供のお肌を見るたび、羨ましく感じちゃう。
正直、見た目も悪くて、頼みのメイクのノリもよくないので、なんとか治したいと思っている方も多いと思います。

この厄介なクレーター肌は果たして治るのでしょうか?

どのような治し方があるんでしょうか?

今回の記事は、クレーター肌にできるだけならない方法となってしまったお肌の治し方をご紹介します。

◯でこぼこしたクレーター肌とは?

顔中の皮膚表面のでこぼこした穴がクレーター(穴)です。

お月様の模様みたいで見た目も悪いし、メイクですら隠すこともでききれません。

いったいどうして、クレーター状態になってしまうんでしょうか?

クレーター肌と言われる状態は、毛穴や毛穴の周辺が強い炎症を起こしてしまい、大事な真皮がダメージを受けてしまった結果、コラーゲンにまでダメージが及び、お肌がでこぼこした状態になってしまった状態のことです。

お肌のターンオーバーが正常に行われていれば、ダメージを受けていたコラーゲンが元に戻るのですが。

これは、ターンオーバーが正常に行われていないので、でこぼこしたままになってしまうんです。

治す方法は、ずばり!コラーゲンの再生です。

•さまざまなクレーター肌

クレーター肌にもタイプがあります

  • アイスピックタイプ: 文字通りアイスピックで突き刺したようにクレーターの先端がとがっている
  • ローリングタイプ : クレーター開口部が広く4mm以上開いている
  • ボックスタイプ  : 円形状のニキビの跡の底の部分が平らにへこんでいる

クレーター肌には、タイプや状態によって、うまくいけば自分で治せるケースと医院、病院での治療が必要なケースがあるのです。

ケアの方法は次回記事にアップします。

キミエホワイトプラス!
最安値サイトはこちら♪

コメントは受け付けていません。